すた〜おにおんず☆

何・・・だとっ・・・ パート2

time 2018/06/22

電気料金の計算、成り立ってませんでした

どこがかというと。。。

マイニング2日目〜

ウチの電気料金の契約は従量電灯Bの40Aだったはずなので、
1kWhで
第1段階料金 19.52円
第2段階料金 26.00円
として、第2段階料金として考えて見ます。

前提条件の第何段階かの計算です。

東京電力は300kWhオーバーだと30.02円

2段階料金ですむ月なんてあらへーん

再度収益計算ー

なので、収益計算がさらに変動して

丸一日での消費電力は

1日の電力量: 130 Wh(1時間) × 24時間 = 3.12kWh

→ 93.66円(1日の電気代)

→ 100円(採掘量) – 93.66円(電気代) = 6.34円の儲け!

1か月の儲け 6.34円 × 30日 = 190.2円(ジュース代ゲット

となりますね。

税金50%かかるのを考えるとジュースも買えない(スーパーで84円のお茶なら買える

となりそう。

まとめ

ちなみに電力自由化による電気料金自体を下げればもっと効率は上がります。

また、ざっくり採掘量を100円としてますがもうちょい掘れてそう。

触れてませんが「NiceHash」では、最適なアルゴリズムで採掘を行っており、その採掘に応じてBitcoinに換算されているっぽいです。

ここにマジックがありそうですが、アルゴリズムというのは亜種含めた仮想通貨のマイニングになっていて、1番掘れている「CryptoNightV7」はモナコインっぽいです。

通貨が異なるので採掘量になにかしら変換が入って誤魔化されている気もしないでもない。

とはいえ、手軽にマイニング楽しめるのは非常に面白いのでもうちょい楽しみます

中の人

ぱるた☆

アーカイブ

カテゴリー